ホルモンバランスを崩す

| トラックバック(0)

女性にとって
特にこわいのが、
ホルモンバランスを崩すことです。

ホルモンバランスを崩して、
子宮筋腫、
子宮内膜症、
不妊、
乳がん子宮けいがんなどを
起こします。

忘れてはいけないのが、胎児への影響です。
今日本では、発達障害の人が大変増えています。

トランス脂肪酸は、
胎児の脳の発達に影響を与えて
発達障害や性同一性障害などの原因にもなります。

ですから、特に女性は、
自分のためにも子供や孫のためにも
食べてはいけないものの一つが、トランス脂肪酸です。

それなのに、どうして若い女性が
トランス脂肪酸を一番多く食べているのでしょうか?

それは、食生活です。

トランス脂肪酸をできるだけ減らすことです。

トランス脂肪酸については80%ではなく100%減らす必要があります。

トランス脂肪酸については子宮筋腫改善講座 続木和子でも書いていますが
徹底して実行している方は、本当に少ないですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、inforeが2019年1月 8日 16:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「興味深い逆プロポーズとは」です。

次のブログ記事は「つぶより野菜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31