減量のための豆腐アレンジ料理

| トラックバック(0)
豆腐は低カロリーな食材として、昔から日本人の健康を支えてきました。
豆腐ダイエットなどというものもあるくらいですし、豆腐に含まれている大豆イソフラボンは女性にとってメリットの高い栄養そうです。

でも、豆腐を毎日食べ続けるのはなかなか厳しいですよね。
夏は冷奴、冬は湯豆腐が基本中の基本ですが、たまにはなにか別のものが食べたくなったりしてしまいます。

そんなときは、ちょっと一手間加えて、アレンジ料理をしてみましょう。

冷奴、そのまま醤油をかけるだけではつまらない。
そんな気分のときは、醤油の代わりに塩昆布を乗せてみてください。塩昆布の塩辛さがアクセントになって、淡白な味の豆腐をぱくぱく食べれてしまいます。

また、醤油ではなくキムチの元を乗せるのもオススメです。
唐辛子にはカプサイシンという脂肪を燃焼させる栄養素が入っているので、よりダイエットを手助けしてくれるはず。

ほかにも、アレンジ料理はたくさんあります。
いつもの味付けに飽きたら、一工夫加えてみてくださいね。




トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年2月27日 21:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「確実に汗を止めてほしい」です。

次のブログ記事は「英国ガールズのお化粧について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30